トイレのつまり:便

うんちトイレは便を流す場所ですので、便によってつまることはないと考えている方も多いかもしれませんが、トイレットペーパーと同じように余りにも多量の便の場合にはトイレがつまってしまうことも考えられます。多量の便を流す可能性がある時には、少しずつ流していくようにすると良いでしょう。また、節水の理由によってトイレの水の量を制限している場合があります。十分な水量が保てないという理由でトイレがつまってしまうこともありますので、水の量には気を付けるようにしておくと良いでしょう。トイレがつまりはじめると、水がなかなか流れなくなってきて、流した時に水位が大幅にアップするようになりますので、そのような場合には水量を増やすようにするといいでしょう。

特に便秘の方は、一度にたくさんの便を流す可能性が考えられますので、トイレがつまらないようにする工夫が必要になります。また、大きな便を塊のように流してしまうと詰まりやすくなってしまいますので、このような便の場合には、何回かに分けて流したり、場合によってはトイレットペーパーは後から流すようにしても良いでしょう。古い家の場合には配管が劣化している可能性が考えられますので、留意が必要になります。次の頁では、異物を流してしまったケースについて説明します。

Pocket

Published by 管理者