トイレのつまり:紙

トイレを利用した後に紙を流すのは一般的なことですが、いくらでも流しても良いということではありません。あまりにも多量の紙を流してしまうとトイレはつまってしまいます。特に古いトイレの場合には配管が劣化していることが考えられますので、容易にトイレのつまりが起きてしまいます。トイレットペーパーも詰まりにくいタイプのものを選んでつかうようにするのはお勧めの方法です。ダブルではなくシングルのタイプのトイレットペーパーを使うようにするのは、つまりの防止法としてお勧めです。

トイレットペーパー仮にトイレットペーパーによってトイレがつまってしまった場合にはしばらくたつとトイレットペーパーが水に溶けてしまう可能性が考えられますので、しばらく様子を見るようにすると良いでしょう。また、多量のトイレットペーパーを流す場合には、一度にたくさんの紙を流すのでは無くて少しずつ流すようにするとトイレのつまり防止につながります。また、多量の水でトイレットペーパーのつまりを解消する場合にはレバーを使うのではなくて、バケツなどの水を使って、あふれ出ないようにしながら流すようにすると良いでしょう。また、お湯の方が一般的にトイレットペーパーをよく溶かすので、水の代わりにお湯を便器に流してもいいでしょう。

水に溶けにくいティッシュペーパーはトイレのつまりの原因になりやすいので、絶対に流さないようにすると良いでしょう。同様の理由で生理用品も流さないようにしましょう。次の頁は、便のトイレつまりについて説明します。

Pocket

Published by 管理者