トイレのつまり:配管

トイレトイレの配管の劣化がトイレのつまりの原因になる場合があります。トイレの配管は時間が経つと色々なものが内壁に付着するようになります。その付着物がだんだんと大きなものになってしまうと、それによってトイレがつまってしまうことになります。配管の内壁の汚れは取り除くのが非常に難しいので、古いトイレの場合にはトイレがつまらないようにする工夫か日ごろから必要です。例えば、多量の便やトイレットペーパーは何回かに分けて流すようにすると良いでしょう。また、節水をすることなく十分な水量でいつも流すようにするのものお勧めです。少しでもトイレのつまりを感じたら、道具を使ってそれを解消するようにしていくと良いでしょう。

可能であれば、トイレの配管を新しいものに変更することもお勧めです。しかしながらすべてのトイレについて配管を交換することが可能という訳ではないので、不可能な場合には極力トイレのつまりの原因を作らないようにしていくことが肝要です。水洗式のトイレは非常に快適なものですが、ひとたび故障してしまうと、回復まで非常に不便な生活を強いられることになります。そのようなことが無いように、トイレのつまりに対してはかなり注意をして生活をしていくようにしたいものです。

トイレのつまり:異物

クレジットカードトイレに誤って異物を流してしまうとトイレのつまりの原因になります。特にしばしばトイレのつまりの原因となるものには携帯電話、ライター、各種クレジットカードなどが知られています。特にトイレの水を流す時に誤ってこれらの遺物を便器に落としてしまうとトイレがつまることになります。また、誤って水に溶けない異物(財布、使い捨てカイロ、ポケットティッシュ)を便器に落下させてしまった場合もトイレがつまってしまいますので注意が必要です。

異物がトイレにつまってしまった場合には、ご家庭でそれを取り除くことはほとんど不可能と考えておいて良いでしょう。専門の業者にお願いをして、異物を取り除く必要が出て来ます。つまっているものによっても業者の対応が変わってくる場合もありますので、専門の業者に依頼する場合には何がトイレのつまりの原因であるのかを正直に告げた方が良いでしょう。異物のつまりは非常に深刻なトイレのつまりを引き起こしてしまいますので、トイレの便器に間違っても異物を落としてそれを流すようなことはしないようにしたいものです。(トイレに小物は持ち込まないようにすると良いでしょう。また、つまりの原因となりそうな小物はトイレに飾らないようにするといいでしょう)。次の頁では、配管について説明します。

トイレのつまり:便

うんちトイレは便を流す場所ですので、便によってつまることはないと考えている方も多いかもしれませんが、トイレットペーパーと同じように余りにも多量の便の場合にはトイレがつまってしまうことも考えられます。多量の便を流す可能性がある時には、少しずつ流していくようにすると良いでしょう。また、節水の理由によってトイレの水の量を制限している場合があります。十分な水量が保てないという理由でトイレがつまってしまうこともありますので、水の量には気を付けるようにしておくと良いでしょう。トイレがつまりはじめると、水がなかなか流れなくなってきて、流した時に水位が大幅にアップするようになりますので、そのような場合には水量を増やすようにするといいでしょう。

特に便秘の方は、一度にたくさんの便を流す可能性が考えられますので、トイレがつまらないようにする工夫が必要になります。また、大きな便を塊のように流してしまうと詰まりやすくなってしまいますので、このような便の場合には、何回かに分けて流したり、場合によってはトイレットペーパーは後から流すようにしても良いでしょう。古い家の場合には配管が劣化している可能性が考えられますので、留意が必要になります。次の頁では、異物を流してしまったケースについて説明します。

トイレのつまり:紙

トイレを利用した後に紙を流すのは一般的なことですが、いくらでも流しても良いということではありません。あまりにも多量の紙を流してしまうとトイレはつまってしまいます。特に古いトイレの場合には配管が劣化していることが考えられますので、容易にトイレのつまりが起きてしまいます。トイレットペーパーも詰まりにくいタイプのものを選んでつかうようにするのはお勧めの方法です。ダブルではなくシングルのタイプのトイレットペーパーを使うようにするのは、つまりの防止法としてお勧めです。

トイレットペーパー仮にトイレットペーパーによってトイレがつまってしまった場合にはしばらくたつとトイレットペーパーが水に溶けてしまう可能性が考えられますので、しばらく様子を見るようにすると良いでしょう。また、多量のトイレットペーパーを流す場合には、一度にたくさんの紙を流すのでは無くて少しずつ流すようにするとトイレのつまり防止につながります。また、多量の水でトイレットペーパーのつまりを解消する場合にはレバーを使うのではなくて、バケツなどの水を使って、あふれ出ないようにしながら流すようにすると良いでしょう。また、お湯の方が一般的にトイレットペーパーをよく溶かすので、水の代わりにお湯を便器に流してもいいでしょう。

水に溶けにくいティッシュペーパーはトイレのつまりの原因になりやすいので、絶対に流さないようにすると良いでしょう。同様の理由で生理用品も流さないようにしましょう。次の頁は、便のトイレつまりについて説明します。